ほうれい線が気になり大阪で治療を決断

若い頃から肌のケアを行っていた

同世代と比べても、自分は比較的、若く見えるほうだと思っていたことがあります。
若い頃から肌のケアを行っていたこともあり、肌自体はきれいで目立つシミもありません。
ところが、ある時に自分で思っている以上に老化が進んでいると実感させられる出来事があったのです。
ある時に会社の集まりで集合写真を撮影することになったのですが、そこに写っている自らの姿を見た時に驚きました。
しっかりと中年らしい顔つきになっており、同い年の同僚と比べても同世代にしか見えないのです。
自分では若いつもりでしたが、着々と老け込んできている現実に衝撃を受けましたし、若く見えると思っていたのは幻想でした。
そして写真を見た時に特に気になったのがほうれい線だったのですが、こんなにも深くなっているとは思わなかったです。
いつもは明るい場所でばかり鏡を見ていたため気付きませんでしたが、確かによく見るとしわがあり、弾力が低下したせいか、しわが跡になりやすいです。
この現実を目の当たりにしてから、気持ちも老け込んだところがありました。
ただ、今の内ならまだ改善ができる余地があるという希望もあったのです。

若い頃から肌のケアを行っていた : 評判の良い大阪の美容クリニック : ほうれい線はどのように変化をしたのか